リサイクル製品の代表的なもの

ペットボトル

まずは、リサイクル製品の代表的な存在のものをお話いたします。

それは、ペットボトルです。
特に意識していなくても、ペットボトルの回収は普段から行っているという方も多いでしょう。
自宅のゴミ出しでもペットボトルだけ別に分けて出していたり、スーパーマーケットでも回収ボックスがあるので、自然に出来るようになっていますしね。

ところで、どうやって使用済みペットボトルを新しいペットボトルに再利用しているのでしょうか。

一旦回収したペットボトルを、ケミカルリサイクルとメカニカルリサイクルをして、再び原料に戻していきます。
そこからまたペットボトルを作っていくという流れです。

逆に言いますと、ペットボトルは永遠にペットボトルとして生きていくということになります。

その他の有名なもの

では、ペットボトル以外にもリサイクル製品と呼ばれているものはなんでしょうか。
いくつか見ていきたいと思います。

ざっと挙げていくと、お肉などを入れている食品用のトレイやパソコン用のマウスパッド、ゴミ袋や回収ボックスがあります。
また、下敷きやゼッケン、スクールバッグなどの学校で利用するものもあります。
家庭で利用するものでしたら、フロアマットや食品用のパウチ、台所用の洗剤ボトルが挙げられます。
ちょっと想像つかないものでしたら、スーツやカレンダー、セロテープ台もあります。

今このページで挙げたものはほんの一部ですので、何気なく利用しているものや辺りを見回してみると、もしかしたらもっとたくさん出てくるかもしれませんね。