実はこんなものがリサイクル製品だった!

リサイクルの意味

まずはリサイクルというものについてご説明いたしましょう。

リサイクルという単語を直訳すると、「再循環」という言葉になります。
この言葉を鵜呑みにすると、再びなにかを巡らせるということですね。

リサイクルするという行為の基本的なことは、もう不必要になったり壊れたりしてしまったような要するに廃棄されてしまうようなものを、再び利用するつまり再資源化して、次の製品の元して利用するということです。
なので、「生まれ変わり」という言葉に言い変えることも出来ますね。

また、もしかすると耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、減量を意味する「リデュース」と再使用という意味の「リユース」という言葉と並べて「3R」とも呼ばれています。

リサイクルの種類

次は、リサイクルの種類について見ていきたいと思います。
「えっ、リサイクルにも種類があるの?」という声が聞こえてきそうですが、実はそうだったんです。

一つ目は、「ケミカルリサイクル」というものです。
こちらのリサイクル方法は、化学製品を原料に戻して再利用するという流れになります。

二つ目は、「マテリアルリサイクル」という方法です。
こちらのやり方は、製品自体が持っている素材そのものを再び利用していこうという方法になっていきます。

そして三つ目は、「サーマルリサイクル」というやり方です。
こちらは、製品を熱に溶かしその熱としての再利用ということになります。

一口にリサイクルと言いましても、これだけの種類や違いも存在しているのですね。